ODENのブログ

ODENのブログ

遊んだ! | main | 学生と社会人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
純粋なもの
昨日、接待の話を書きましたが、実はそこで凄く心打たれた出来事がありました。

食事会に来られていた御得意様の中に1人、お年は70過ぎでしょうか、男性の方がいらっしゃいました。
僕はバスで隣の席だったので、その男性とお話をしていたのですが、その方は約3年前に奥様を亡くされて、今はお1人で暮らしていらっしゃるとのことでした。
静かに話をされる男性、ふと、その傍らに目をやると、大きな紙袋が置いてありました。
何気なく僕が尋ねると、男性は中から額縁に入った写真を出されました。
それは、お亡くなりになられた奥様の写真でした。
男性曰く、どこかに出かけるときは、いつも持ち歩いていらっしゃるそうです。
「大好きなお母ちゃんだった、僕の吉永さゆりだった」と男性は笑いながら言ってらっしゃいました。
「今でも大切に思ってらっしゃるんですね」と僕が尋ねると、男性は「うん、大好き!」と本当に純粋な笑顔で答えられました。
照れるふうでもなく、こんなに素直に好きという言葉が言えるその男性が凄く羨ましく、また、亡くなられて尚、愛されている奥様も本当に幸せだったんだろうなと感じました。
男性と奥様は幼馴染みで、男性の猛烈なアタックの末、ご結婚されたそうです。
それから文字通り半生以上を共にされてこられたわけですが、奥様が亡くなられた今でも、きっと男性の心の中には奥様が生き続けていらっしゃるのだと思います。
「お母ちゃんのためにも、孫が立派になるまで頑張る」
最後に男性は、そうおっしゃられていました。

この話を聞き、僕は奥様の写真に手を合わさせて頂きました。
スポンサーサイト
| 未分類 | 10:00 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

ODEN

Author:ODEN
ODENのブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。