ODENのブログ

ODENのブログ

ヽ(  ̄д ̄;)ノ | main | 本のお話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
結婚のカタチ
先日、1つ下の従弟が入籍をしました。
結婚式はまだ先のようですが、これからは二人で幸せな家庭を築いていくそうです。
更に5つ上の従姉も先々月に結婚をしました。
更に更に、一昨年結婚した2つ上の従兄に先月待望の第一子が誕生しました。
今年に入って、僕の周囲で結婚やら出産が相次いでいます。
僕には従兄弟が6人いるのですが、これで内4人が結婚をしました。
残すところ僕(と妹)と中学生の従妹だけとなってしまいました。親戚が集まったときにも「次はあんたやね」と伯母さんが当然のように言ってきます(汗)
まあ、順番的には僕なんでしょうけど……(苦笑)


さて、ここからが本題。
皆さんは『契約結婚』という言葉をご存知でしょうか。
実は僕の知り合いにちょっと変わった結婚をしている人がいます。
その人は現在40代半ば(多分)で、同い年の奥さんがいらっしゃいます。
結婚して約20年になりますが、お子さんはいらっしゃいません。
結婚をする際にいくつかの『契約』をしていて、その1つに『子供は作らない』ということを決めているらしいのです。
ここまでなら、まあ普通にある夫婦かなと思うのですが、もう1つ決定的に変わっているところがあります。
それは『2人が60歳になったら一度離婚をし、互いに継続を望めば結婚生活を続ける』というのです。
昔、倫理の授業で『契約結婚』について聞いたことはありましたが、実際にこんな結婚形態をとっている人がいるというのには衝撃を受けました。
何故そんなことをしているのかと聞いたところ、その人は「利害の一致かな」と言っていました。
『結婚』のメリットを考え、『契約結婚』というかたちをとることで、一生涯ずっと一緒にいるということに対する重圧を少しでも和らげたいのかなと思います。
傍目から見ると、すごくドライに見えてしまうかも知れませんが、「愛情は他の人に負けないくらいある」とも言っていました。

まあ、好きじゃなかったら一緒に60歳までいようなんて思わないですよね。
ひょっとしたら自分も相手も『結婚』というカタチに縛られたくないし、縛りたくもないという優しさの表れなのかもしれませんね。
スポンサーサイト
| 未分類 | 10:00 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

ODEN

Author:ODEN
ODENのブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。